30代後半で転職したSEのブログ

転職の経験談、IT技術情報など紹介していきます。

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

Azure Managed Disk節約

Managed Disk デフォルトではPremium SSD
これが地味に高い
VMを停止してても容量分課金される。
VMを停止しているときはStandard HDDにしておいたほうがお得のはず。
そこで、指定したリソースグループ内のManaged DiskをすべてStandard HDDに変更するScriptを考えてみた。

前提はPowershell6.1、Az Module

#Connect to Azure with a browser sign in token
#Connect-AzAccount

# resource group that contains the managed disk
$rgName = "resourcegroup Name"

$disks = Get-AzDisk -ResourceGroupName $rgName

foreach ($disk in $disks) {
    # Choose between Standard_LRS and StandardSSD_LRS based on your scenario
    $storageType = 'Standard_LRS'


    # Get parent VM resource
    $vmResource = Get-AzResource -ResourceId $disk.ManagedBy

    # Stop and deallocate the VM before changing the storage type
    # Stop-AzVM -ResourceGroupName $vmResource.ResourceGroupName -Name $vmResource.Name -Force

    # Update the storage type
    $diskUpdateConfig = New-AzDiskUpdateConfig -AccountType $storageType -DiskSizeGB $disk.DiskSizeGB
    Update-AzDisk -DiskUpdate $diskUpdateConfig -ResourceGroupName $rgName -DiskName $disk.Name
        
}

Premium SSD と HDD価格は約3倍ほど違う。

Kerberos認証の実験 その2

今回はLB(ロードバランサー)経由でIISに接続する際のKerberos認証について実験。

LBはAzureのLBを使用

f:id:windows2020:20190306060243p:plain
ロードバランサー作成

フロントエンドのIP(クライアントPCから接続する際のIP)は以下のようになっている

f:id:windows2020:20190306060216p:plain
フロントエンド

ここでフロントエンドのIPは固定にしておく。

f:id:windows2020:20190306061044p:plain
IP固定

LBから分散されるIPアドレス群はバックエンドプールで設定する。
今回は分散先として一台だけIISサーバのNICを指定する。

f:id:windows2020:20190306060739p:plain
バックエンド

追加で正常性確認(Probe)の設定も必要みたい。

f:id:windows2020:20190306061308p:plain
Probe

最後に上記3つの設定を束ねるルールを作成してLBの設定完了
名前以外はデフォルトのまま

f:id:windows2020:20190306062502p:plain
ルール

ここまででLBの設定は完了。ブラウザからLBのフロントエンド(10.0.0.10)にアクセスするとNTLM認証でアクセスしている。

IPのままだと、Kerberos認証が使えないので、AD上のDNSにAレコードを追加する。

LBのFQDNでブラウザからアクセスしてもまだNTLMのまま。

最後にSPNを登録することでLB経由でもKerberos認証ができた。
setspn -a HTTP/

Kerberos認証の実験 その1

IISでWebサーバを構築する際、Basic認証や匿名認証などいろいろな方式があるが、
NTLM認証と比較してKerberos認証の方がパフォーマンスがいいということで、
Kerberos認証について調べてみた。

NTLM認証はユーザ名とパスワードを認証のたびにADに送りつけるので、ADに負荷をかける。
Kerberos認証は一度認証が通るとチケットの有効期間内はADへの問い合わせはしない(はず)。

まずはドメインに参加したWindows Server 2016にIISをインストールし、
IIS上で、匿名認証を無効化し、統合Windows認証のみ有効化した。
通常Kerberos認証を使用する際はSPN(Service Principal Name)を登録するが、
IISの場合は個別の登録は必要ないようだ。
クライアントPCでklistコマンドを実行すると、下記のサービスに対するチケットを取得していることが
確認できる。
HTTP/

次回はロードバランサー経由でのKerberos認証について調べる。

IntuneでiPhoneへのダウンロード禁止 その2

以前、AzureのApp Proxy Serviceを使用して、iPhoneからオンプレのシステムへのアクセスについて書きました。
windows2020.hatenablog.com
そのときにIntune Managed BrowserやEdgeでないとダウンロードの制限がかけられないため、
どのように接続元のブラウザをコントロールするか調査していました。

またまたAzureの機能ですが、条件付きアクセスという機能があります。

こちらの機能を使用すると、
Azure ADに登録したアプリケーションに対して
接続元の端末やブラウザの条件を指定することができます。

f:id:windows2020:20190131225805p:plain
条件付きアクセス

行橋市 ふるさと納税 返礼品 届かない → 届いた

昨年末にふるさと納税デビューをしたのですが、
まだ返礼品が届きません。
領収書は届いたのですが。。
届くまでに1か月から2か月かかるとのことなので、
もう少し待ってみようと思います。
今ちょうど申し込んでから1か月くらいです。

追記:
ついに届きました。申し込んでから2ヶ月とちょっとでした。
返礼品に追加されるはずのアプリは自分でインストールする必要があるようです。

中古マンション購入スケジュール

中古マンションの内覧から契約完了までのスケジュールをまとめてみようと思います。

1日目:マンションの内覧。なんとなくよさそうな感触
3日目:紹介してもらった不動産会社にローン減税や価格について質問
6日目:価格交渉をする場合は購入申込書を作成し、買主側の希望価格で売主が了承した場合、その金額で購入することになる。
9日目:不動産会社と面談。ローンの事前審査の申し込みを実施。必要な書類として運転免許証、健康保険証、勤め先の名刺、源泉徴収票を準備。
10日目:ローンの審査で、職歴書(1年前に転職したので必要?)、直近3か月分の給与明細、ボーナスの明細を準備せよとの連絡あり。
13日目:ローンの事前審査結果が出始める。ローンの審査を不動産会社経由にするとローン事務手数料を取られるがこの時点では気づかなかった。
14日目:購入申込書を作成し提出。価格が折り合わずさらに調整が必要となった。
17日目:価格面の合意が取れる
18日目:ローンの事前審査が出そろう。売り主からローンの本回答が1か月後までに必要と連絡あり。
※銀行にもよると思いますが、ローンの正式申し込みから本回答までは2週間ほどでした。
31日目:売主との売買契約。手付金として現金で200万円支払う。売買契約時は振り込みではなく、現金で手付金を支払うことが多いようです。手付金はマンションの引き渡し前に契約解除するとそのまま、売主の手元にわたります。※ATMでは引き出せないので注意
34日目:売買契約完了後にローンの本審査申し込み。
47日目:ローンの本回答が出る。18日目の本回答期限に間に合いましたが、結構ギリギリでした。

このあと、引っ越しの準備や今住んでいるマンションの解約、役所の手続きなどありますが、
また別の機会にまとめたいと思います。

中古マンションの購入費用

いきなりですが、中古マンションを買おうとしています。

中古マンション購入時の初期費用についておおよそわかってきたので、
まとめておこうと思います。

ちなみに購入する物件の価格は4,700万円ほどです。

項目 金額(円) 備考
売買契約書印紙代 10,000
仲介手数料 1,500,000 媒介契約とかだと売り主買い主双方から手数料をとることもあるらしい
登記費用 300,000
ローン事務手数料 770,000 ネット銀行だと事務手数料となり繰り上げ返済しても返ってこない
提携ローン事務手数料 50,000 仲介業者経由でローンを申し込んだりすると発生する
固定資産税の清算 100,000 売り主と買い主で按分して1年の税金を支払う
火災保険料 150,000 10年分
合計 約3,000,000

仲介手数料がかなり大きな割合を占めています。
仲介業者によっては売り主からのみ仲介手数料を取るところもあるらしいので、
確認してみてはどうでしょうか。